ログイン
HOME »  商品・サービス一覧 » 羽毛布団メニュー » 羽毛布団のお手入れについて
羽毛布団のお手入れについて

羽毛布団のお手入れについて

羽毛布団は軽さや保温性に優れている寝具として人気です。
こちらでは、そんな羽毛布団を長く使うためのお手入れについてご紹介します。 
 

羽毛布団を使う時

羽毛布団は、カバーやシーツを付けて使用すると長持ちします。
直接使うよりも汚れが付きにくく擦り切れも防ぎ、カバーは簡単に洗えるので清潔さも保てます。
また、起きてすぐの布団には、自分の体温と汗で熱や湿気がこもっているので、しばらく置いてから収納しましょう。 
 

干し方

羽毛布団は吸湿・発散性に優れていますが、長く使うためには月に1~2回干してあげましょう。
干すことで保温性が高まり、ふんわりした肌触りを取り戻せます。
布団は湿度を嫌いますので湿気の多い早朝や夕方は避け、10~15時の時間帯に裏表合わせて1~2時間干すといいでしょう。
また、そのまま干すと生地が色褪せたり傷んだりするので、カバーやシーツで覆ってから干すようにしてください。 
 

メンテナンス

羽毛布団は小さな穴からでも羽根や中綿が出てくるので、補修布ですぐに対処してください。
あて布を縫い付ける方法はやめておきましょう。
アイロンをあてて熱で圧着するタイプを使用して補修をしてください。
付属の専用補修布もしくは市販の補修布を破れている箇所よりも大きめにカットし、1枚を穴から中へ入れ、もう一枚は外側から穴を塞ぐように当てます。2枚の圧着シートの圧着面が合わさるようにしてアイロンの熱で接着します。
また、ジュースなどをこぼしてしまった場合は、洋服の染み抜きと同じような方法で汚れを落とします。
タオルなどですぐに水分を吸い取った後、中性洗剤を薄めたぬるま湯にタオルを浸し、固く絞って汚れを軽く叩きます。
汚れがタオルに移ったら水拭きをして布団の水分を取り、日陰干しで乾かします。 
 

保管

長期間保管する際は十分乾燥させ、汚れは落としてから収納します。
湿度が高く、通気性の悪い場所やビニールに入れて保管すると、蒸れて臭いが強くなり、羽毛布団の品質を損なうことがあります。
そのため、布で包むか通気性の良いケースに入れて、湿気がこもらない場所で保管しましょう。
 

羽毛布団の洗濯について

羽毛布団も丸洗いができますが、頻繁に洗う必要はありません。
日頃のメンテナンスはカバーを洗うだけにしておきましょう。

当社では羽毛の丸洗いは3~5年に1度くらいの周期でお勧めしております。
あまり頻繁に洗うと生地を傷めると同時に羽毛の油脂分が取れてしまい
吹き出しの原因となったり、あまり膨らまなくなって保温力が低下してしまいます。

最近ではコインランドリーを利用して丸洗いをすることもできますが、
洗剤の種類が悪かったり、乾燥の温度が高すぎてしまったりしてせっかくの
羽毛布団をダメにしてしまうケースもありますので注意してください。

※丸洗いは専門の業者に出すのが間違いがありません。

当社でも店頭持ち込み限定で丸洗いを承っております。

 布団の丸洗いページへ 
 

羽毛布団のことなら、当店に何でもご相談ください。

羽毛布団のことなら、当店に何でもご相談ください。オーダーメイド布団の販売・リフォーム・打ち直し・クリーニングを行っております。当店は羽毛布団製造直販なので、アフターメンテナンスや保証の面でも安心してご利用頂けます。 
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有