ログイン
HOME »  眠りの考え方 » 質の良い睡眠をとるためのポイント
質の良い睡眠をとるためのポイント

質の良い睡眠をとるためのポイント

質の良い睡眠のためには、普段の生活を見直して見ることも大切なことです。
このページでは、食事や入浴について、お伝えしています。

夕食は早めに済ませる

夕食は寝る3時間前には済ませておきましょう。
消化器官は、食べ物を口にした2~3時間は働いており、消化器官が働いている状態だと脳や神経はゆっくり休むことができません。
また、揚げ物や脂肪分の多いものは消化が悪く、刺激の強い香辛料は睡眠に影響を与えますので、夕食では控えることをおすすめします。 
 

カフェインやアルコールの摂取は控える

コーヒーや紅茶、ココアや緑茶などにはカフェインが多く含まれていますが、カフェインには強い覚醒効果があります。覚醒効果は長いものだと8時間以上続くので、夜のカフェイン飲料は控えるようにしましょう。夕食後に口の中が淋しい時は、ハーブティーがおすすめです。 
ハーブティーはノンカフェインでリラックス効果もあります。また、アルコールは、活動時や緊張時に働く交感神経を刺激し、睡眠に影響を与えますので控えましょう。 
 

お風呂は寝る1~2時間前に入る

入浴で上昇した体温が下がってくる瞬間にベッドに入ると、質の良い睡眠を得ることができます。
入浴後に時間が経ちすぎると体が冷えてリラックス効果が薄まるため、お風呂はベッドに入る1~2時間前に入るようにしましょう。 
ちなみに、お湯が熱すぎると、神経が刺激されて逆に眠気が吹き飛ばされてしまいます。
お湯の温度は熱すぎない38~40度がベストです。
 

入浴後にはストレッチを

ストレッチを行うと血流が良くなり、疲れがとれやすくなります。
入浴後は体が温まっており筋肉もほぐれやすいので、お風呂とストレッチはペアで行うことをおすすめします。 
また、ストレッチを行うと、リラックスした状態の時に働く副交感神経が優位になります。
そうすると、気持ちも静まっていくので眠りにつきやすくなります。 

首痛や肩こり、腰痛ヘルニア、狭窄症にお悩みの方も
お気軽にご相談ください。

静岡・愛知にある当店では、カウンセリングのもと、お客様一人ひとりに合ったオーダーメイド枕を提供しております。

また、寝心地を最重要視したイタリアメーカーのウッドスプリングベッドをご用意しており、
メーカーと直接契約しているため安い価格での販売を実現しております。 

このような商品の販売を通じてこれまでも腰痛や肩こりヘルニアや狭窄症といった様々な症状をお持ちのお客様に接してまいりました。そこで学んだ多くの経験をもとにより良い寝具のご提案をさせていただいております。

静岡市・浜松市・名古屋市では、ウッドスプリングベッド体験会を開催しております。
なお、東海4県下では当社だけの取扱いとなりますので岐阜県や三重県にお住まいの方も
名古屋会場でご体験をいただけます。どうぞお気軽にお問い合わせください。 
 
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有