ログイン
HOME » ブログ » 体圧分散マット » 記事詳細

腰に良いベッドマットレスとはどのようなものか?

[カテゴリ] 体圧分散マット
[更新日] 2013/12/16

腰に良いとされるベッドマットや敷き布団は近年様々なものが販売されていますがいったいどれが本当に良い物なのでしょうか?

買って使ってみないとわからない。

さらに、使って比べてみないとわからない。

実際は、そのようなものだと思います。

買う前に1ヶ月くらい使ってから購入している人はあまりいないのではないでしょうか。

ましてや、様々なものをすべて1ヶ月くらい使用して比べている人はもっといないかと思います。

そんな安易な判断でベッドマットは選ばれています。

でも、そんなこと実際にはなかなか出来ませんし、面倒ですから仕方ないことです。

買ってみて今のマットレスに満足している人はまだマシです。

そうなると人はそれ以上のマットレスを探そうとする人はほとんどいません。

知らぬが仏。それはそれで良いと思います。

でも、マットレスを買ったけど後悔しているような人もたくさんいます。

それを我慢して使っているのは生活に多大な影響を与えると思いますので本当に良くないことです。

我慢しきれず、買ってから1年以内に買い替えてしまう人も結構お見かけしますから、泣き寝入りしている人は相当数いると感じています。

さて、私が集めているマットレスは以下のような観点で集めています。





硬いマットが腰に良いと、大抵のメーカーはそう言ってきました。

これは間違いではないと思いますが、耐久性の点からもクレームが出にくいですし、

その上、消費者もそう思っている人が多いから売りやすい。

最近盛んに謳われる高反発素材のものの多くもここに留まった。硬いものが多いです。

これは、無難策に留まっているレベルのものです。

実際には、もっともっと寝心地は改善の余地が残されているのです。





現在30代後半から上の世代の人は皆、このことが腰に良くないという認識はお持ちのはず、

だから低反発はもっと若い世代によく売れている。

上の世代の人も買ってはみたものの、押し入れに仕舞っているのではありませんか?

また、それに満足している人は、ガチガチのマットや煎餅蒲団で寝ていた人ではないでしょうか?

それに比べたらなんだってよく感じるのは当たり前のことです。

でもその寝心地はどう我慢しても5年は持たないはずです。







◎単に硬いとか単に柔らかいではないのです。いづれのマットもダメですから。

◎でも、反発性が強いとか弱いとかでの薦め分けは必要ですから、いろいろ揃えています。

(現在は約20段階の商品があります)


これまで長い年月の間には様々なものを自分でも使い、それらを販売してきました。

ベッドマットレスは、コイルスプリング素材でポケットコイル構造のもの。

メーカーはコイルの個数が多い少ないという各社の争いにありました。

ジェルマットやウォーターベッド、介護ベッド、無論、メーカーのブランド力で売りやすいものも扱っていました。敷き布団タイプのマットレスも有名メーカーのウレタン系マットや今話題になっている、釣り糸素材なるものの類似品も以前は扱っていました。

20年余りの歳月をかけ、それら様々なものの中から、何がどう良いのか?

そして、何が足りなくて何が不要とされるものか?判断を少しづつ行ってきました。

メーカーが宣伝をしているものは売りやすい。安価なものはよく売れる。

自分は、専門家として、何を扱ってゆくべきなのか?

その現実との葛藤を常に抱きながら、自店の商品が組み立てられてきました。

◎今はもう、メーカー宣伝が効いた売りやすいものは当てにしていません。

◎当然、流行ものには目を向けません。

様々なものを見て、体験して、販売してきた経験でそうした判断力を養うことが出来ました。

これこそが、私自身の財産であります。

おそらくこの経験値は自分にベストなベッドマットを買おうとインターネットで調べたり、

ショールーム巡りをしている、情報量で肥大した頭でっかちな消費者よりも勝る自信があります。

だから、そこの判断は私に任せて頂きたいんです。

つまり、腰に良いベッドマットレスとは、

あなたにベストなマットレスを薦めてくれるプロに出会う事だと思います。

マットレスを探すのではなく、信頼できるプロを探す事が、一番の近道であり、

リスク軽減になるはずです。



 
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有