ログイン
HOME » ブログ » その他商品紹介 » 記事詳細

キャメル毛布・カシミヤ毛布今年も入荷

[カテゴリ] その他商品紹介
[更新日] 2015/10/22

銀行振込のお支払いで全国配送無料(離島は除く)

ご注文はメールにてお問合せください

ピュアキャメル毛布

ラクダは、アラビア・アフリカにいる「こぶ」が1つの種類とイラク東部・モンゴル・中国北西部・中央アジ

アの砂漠地帯にいる「こぶ」が2つのものと2種類ある。1つ「こぶ」の方は毛が硬く、ほとんど利用されませ

んので製品化されているほとんどは2つ「こぶ」の方になります。2つ「こぶ」ラクダは世界に50万頭いると

いわれ、その内の25万頭がモンゴルに居ます。アラビア・アフリカにも2つ「こぶ」ラクダはいますがやはり

剛毛なため寝具には不向きで、モンゴル産はより希少価値が高くなっています。





ピュアキャメル100%毛布 150×200

モンゴル製 ¥35.000税別
(下地やヘムまですべてキャメル100%)



ピュアカシミヤ毛布

インドのカシミール地方の山羊が原産で中国内蒙古・モンゴル・ロシアに広がっていき、現在はモンゴルが世

界一のカシミア製品の輸出国でドイツ・イタリア・スペイン・北欧・オーストラリア・カナダなどへ輸出され

ています。カシミア山羊の毛は15ミクロン前後と極細繊維でその独特の光沢感と肌触りは繊維の王様と称され

ているのは承知の事です。

1頭から150g~200g程しか採取できず、

マフラー1本作るのに約5頭分必要になるという事ですので、高価になるのは納得できます。





ピュアカシミア100%毛布 150×200

モンゴル製 ¥100.000税別(下地やヘムまで全てカシミア100%)



なぜ?モンゴル産モンゴル製なの?

モンゴル産でモンゴル製の毛布はまだ日本ではほとんど出回っていないはずである。

モンゴル産の原毛は世界中で利用されている上質な物です。

その原毛がヨーロッパの国々を中心にバイヤーによって各国へ持ち込まれ、製品化されている事は知っていま

した。やはり製品化する技術はヨーロッパの国々が上手く、妥協せず素材の良さを最大限に活かすという面で

は、モンゴル産イギリス製とかモンゴル産イタリア製とかモンゴル産ドイツ製というものは素晴らしい製品が

多く良いものが多いのですが、どうしても価格が高くなってしまいます。

それらを日本に輸入するとなれば尚更です。私はこの製品を初めて見た時、モンゴルでもこんな製品作れるん

だァ!?と正直ビックリしました。

ヨーロッパで作られる製品と何ら引けを取らず、十分な出来栄えと感じたんです。

それならば、原産国で現地製品化した方が余分な輸送コストもかからず、少しでも安価になるのであればモン

ゴル製で良いと思ったんです。

100%表示問題特に原材料の高価なカシミア製品に多くみられるのだが、カシミヤと綿とかカシミヤと羊毛

ど他の素材と混ぜ合わせていたり組み合わせていたりしているにもかかわらずカシミア100%と表示している

商品を良く見かける。これはヨーロッパ辺りの国の物でもあるし、日本製でも見られる。この点もこの製品は

クリアーしているので本当のピュアカシミアと言える。

これは見た目では分かりにくいが、触ってみれば、そのしなやかさ、軽さの違いはすぐに解る。



日本製ベビーキャメル毛布(2枚のみ)



サイズ:150×210純キャメル100%純日本製

価格:¥33.000税込キャメル原料は当店定番品となっている品と同じモンゴル産です。



日本製カシミア毛布(1枚のみ)



サイズ:150×210毛羽部カシミア100%グランド部ウール100%純日本製

価格:¥75.000税込カシミア原料は当店定番品になっている品と同じモンゴル産です。

幻となりました、トーア紡の最高級カシミア毛布です。定価¥315.000

 
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有